無料レポート

TOEICスコアアップ専門本屋

姉妹サイト
英語漬け.comバナー
トップページ | サイト紹介 | amazonについて | リンク募集

以下興味のあるカテゴリからお選び下さい
サイトトップ人気参考書TOP10目的別で選ぶ参考書点数別で選ぶ参考書TOEIC参考書のランキング100冊
TOEIC学習ソフトTOEIC頻出文法TOEIC頻出単語TOEIC頻出熟語TOEICに役立つコラム

サイトナビ ホーム > コラム > 多読のススメ 広告、リンク

多読のススメ

 今、英語学習に『多読』が注目されています。

あまり意識はないかもしれませんが日本はリスニングや文法の参考書が多く、「聴く」学習や「問題を解く」学習が偏重になりがち。英語の小説や解説書など英語を「読む」機会は多くありません。

学生の時、英語の教科書で一ページ何時間もかけて読んだ
嫌な記憶がありませんか。
日本人の多くが英語と触れ合うことが少なく、よほど大きな本屋でなければ、英語で書かれた本(洋書)を見かけることはありません。

脳が高い学習効果を生み出すには様々な五感を刺激することだと言われています。
多読は、耳から学習するリスニングと違い『』から情報を得る学習。
リスニング偏重の学習となっている人には、英語の学習効果を高める方法であることは間違いありません。

英語の学習を続けると日本語に訳さずに
直訳で理解できる瞬間が訪れます。
私が英語を勉強してきた個人的な経験では、2000時間ほど学習した時だったと思います。

多読はこれら直訳での理解を促進させる学習法。
どのくらい読めばいいのかと言うと一般的には3000ページが目安と言われています。一般的な本に換算すると約10冊です。なにも難しい本を読む必要はありません。子供向けの小説でも良いんです。

(リスニングも同じですが)学習に効果があると言われているのは自分の「実力+1」の読書。
少し考えればわかる。そんなレベルの読書が脳に最も良い刺激を与えるそうです。

以下、アメリカで人気の本から「読みやすい」ものを紹介します。
空いた時間に「洋書」を読んでみる、なんてのも多読の楽しみ方かもしれません。



不思議の国のアリス


オズの魔法使い

金持ち父さん、貧乏父さん


TOEICスコアアップ専門本屋ホームへ戻る


Copyright (C) 2009 TOEICスコアアップ専門本屋. All Rights Reserved.