無料レポート

TOEICスコアアップ専門本屋

姉妹サイト
英語漬け.comバナー
トップページ | サイト紹介 | amazonについて | リンク募集

以下興味のあるカテゴリからお選び下さい
サイトトップ人気参考書TOP10目的別で選ぶ参考書点数別で選ぶ参考書TOEIC参考書のランキング100冊
TOEIC学習ソフトTOEIC頻出文法TOEIC頻出単語TOEIC頻出熟語TOEICに役立つコラム

サイトナビ ホーム > コラム > 『See』と『Look』の違い!英語の感覚を覚える 広告、リンク

『See』と『Look』の違い!英語の感覚を覚える

 英語の『ニュアンス』を理解していますか。代表的なものが『See』と『Look』の違いです。皆さんは『See』と『Look』の違いを意識していますか。

 『See』は直訳すると 『見る』、『Look]』も訳すると同じく『見る』です。しかし、両者にニュアンスを加えると、『See』は 「ぼんやりと見る」 対して、『Look』は「しっかり対象を見る」 となります。だから、"Look at you"『あなたを見る』 であり、 "see at you" にはならないのです。
同じ『見る』でも ニュアンスが違います。

 英語を勉強する上で 単語のニュアンスを理解することは非常に重要。なぜなら上の違いを意識していると『写真を見なさい』 は ”Look at the picture” であり ”See at the picture”には訳せないからです。これが英語の感覚だと思います。

 もちろん意識したからと言って TOEICの点数に直結するとは思いませんTOEICではニュアンスの違いまで問題にすることが難しいでしょうから。TOEICが本当の英語力を表していないと 言われる由縁は この辺りにもあるのかもしれません。

 でもそんな『英語の違い』が使いこなせたら楽しくないですか。




TOEICスコアアップ専門本屋ホームへ戻る


Copyright (C) 2009 TOEICスコアアップ専門本屋. All Rights Reserved.