無料レポート

TOEICスコアアップ専門本屋

姉妹サイト
英語漬け.comバナー
トップページ | サイト紹介 | amazonについて | リンク募集

以下興味のあるカテゴリからお選び下さい
サイトトップ人気参考書TOP10目的別で選ぶ参考書点数別で選ぶ参考書TOEIC参考書のランキング100冊
TOEIC学習ソフトTOEIC頻出文法TOEIC頻出単語TOEIC頻出熟語TOEICに役立つコラム

サイトナビ ホーム > コラム > 重箱の隅をつつく文法マスターなくして900点なし 広告、リンク

重箱の隅をつつく、文法マスターなくして900点なし

 TOEIC900点を超えるためには文法を最低405点以上取らないといけません。(リスニング495点の場合)そして文法で400点以上取るためには、9割近い正解率を出さないといけません。

 そのためには一般的ではないと分類される文法問題 『重箱の隅をつつく』 ような問題を正解する必要があります。普段は使わないような難しい文法を解くためには、マニアック文法問題になれる事が必要です。

 少し話はそれますが、英語を母国語とする人がTOEICを受けると950点程度らしいです。(大学卒のネイティブレベル)その時に間違うのがマニアックな文法問題です。(日常生活で出会うことの無い文法)
※もう一つはリスニングPARTWです。問題が長すぎて忘れるようです(笑)

 TOEICテストを解いていると、数問こういったレベルの問題が現れます。これらの文法問題を制覇することが900点を越えるためのポイントです。必要なことは、マニアック文法問題に適した訓練を行うことだと思います。そして繰り返しこういった類の練習問題を解いていると少しずつ慣れてくるはず。

 出版業界としては、なかなか需要がないのか このレベルの問題集は、 取り揃えが悪いと思います。さらに、たいていの場合、 簡単すぎるか 難しすぎるか どっちかの場合が多い。
その中で 900点を目指すレベルに適している参考書を紹介します。

(タイトルには900点を「目指す」ではなく「突破する」と書かれています。少しレベルは高いですが900点突破への意気込みが本の内容にも表れていると思います)

新TOEICテスト900点を突破する英文法トレーニング


 どんな問題でもどんとこい!と言えたらいいですね。
私の場合、テストのときは 「難しい問題よ出るな、出るな」と願いながら文法問題を解いています(笑)


TOEICスコアアップ専門本屋ホームへ戻る


Copyright (C) 2009 TOEICスコアアップ専門本屋. All Rights Reserved.