無料レポート

TOEICスコアアップ専門本屋

姉妹サイト
英語漬け.comバナー
トップページ | サイト紹介 | amazonについて | リンク募集

以下興味のあるカテゴリからお選び下さい
サイトトップ人気参考書TOP10目的別で選ぶ参考書点数別で選ぶ参考書TOEIC参考書のランキング100冊
TOEIC学習ソフトTOEIC頻出文法TOEIC頻出単語TOEIC頻出熟語TOEICに役立つコラム

サイトナビ ホーム > コラム > 日本語と英語の違いを意識してTOEICスコアアップを加速させる 広告、リンク

日本語と英語の違いを意識してTOEICスコアアップを加速させる

 私がTOEICの点数を飛躍的に上げることが要因の1つに、
『日本語と英語の違い』を意識できたことが挙げられます。

 日本語と英語の 一番の違いは、 文章の構成の違い。
つまり英語は、 『主語(S)+動詞(V)+目的語(O)』ですが
日本語は、『主語(S)+目的語(O)+動詞(V)』
日本語と英語では 主語の後の 動詞と目的語の順番が逆となっていることです。

 ごく当たり前ですが『日本語と英語は違う言語』なのです。でも皆さんはその違いを意識できていますか。何が違うかを意識漬け出来ていますか。

 動詞が主語のすぐ後ろにくる英語は、日本語に慣れている私達にとっては決定的なです。特にそれが顕著に現れるのが日本人の英語理解スピードです。

皆さんはTOEICの問題を最後まで解けていますか?

 『日本語と英語は違う言語』です。
この違った言語の変換作業を頭の中で行なえば、解答スピードは大きく下がります。
日本語の感覚がしみついている私達には主語のすぐ後に動詞が来ることをはじめ英語の文章構成を意識付け出来ていないのです。

※ちょっと余談ですが、、、言語とはイメージの変換作業です。

例えば、2人の男が 日本語・英語のどちらが優秀か言い合っているとします。
(つまらない例えですがご勘弁を)




 この時には 『優秀』だという頭の中のイメージ を『優秀』という言葉に置き換えて発しています。2人の男は 頭に思い浮かんだイメージ の言語変換作業を頭の中で行なっているのです。

 そして日本人が英語を考える場合に置き換えると、

イメージ → 日本語 → 英語 の順に訳しているのです。

 たとえばTOEICリスニングでは『12秒で1問』の解答速度を求められます。そしてスピーディに解くためには日本語への変換作業は全くの無駄です。つまりTOEIC高得点を狙おうと考えると イメージ → 英語 への直訳は必須です。

じゃあどうしたら解答スピードを上げることが出来るの?


 英語への直訳は訓練次第です。慣れれば解答スピードが飛躍的に上がります。

 どのような訓練を行なったらいいのかというと『英語で考える癖』をつけること。そして癖をつけるのに1番効果のある訓練方法はライティングです。(ちなみに私はライティングの勉強として英語で日記をつけるようにしていました)ライティングの練習をTOEIC勉強に取り入れることで英語で物事を考えられるようになり、TOEIC解答スピードを上げることが出来るのです。

 ライティングの勉強を始めると最初は イメージ → 日本語 → 英語 変換になるのが当然です。しかし、繰り返し行なえば、簡単な表現からだんだんとイメージ → 英語 の直訳ができるようになるのを実感できます。(2,3ヶ月毎日続けると実感できますよ!)そうするとTOEIC解答に日本語変換という工程を飛ばせるので 抜本的に解答スピードがあがります。


 ライティングの勉強を始めるにあたって、効果的な参考書を紹介します。ライティングの基礎、それから日本語と英語の違いに特化してトレーニングを行える参考書です。



TOEICスコアアップ専門本屋ホームへ戻る


Copyright (C) 2009 TOEICスコアアップ専門本屋 All Rights Reserved.