無料レポート

TOEICスコアアップ専門本屋

姉妹サイト
英語漬け.comバナー
トップページ | サイト紹介 | amazonについて | リンク募集

以下興味のあるカテゴリからお選び下さい
サイトトップ人気参考書TOP10目的別で選ぶ参考書点数別で選ぶ参考書TOEIC参考書のランキング100冊
TOEIC学習ソフトTOEIC頻出文法TOEIC頻出単語TOEIC頻出熟語TOEICに役立つコラム

サイトナビ ホーム > コラム > TOEIC Part1で高得点を取る方法 広告、リンク

TOEICPart1で高得点を取る方法

 TOEIC Part1は簡単です。ここで点数を取らないとリスニングで高得点はあり得ません

 Part1は1枚の写真に4つの説明(問題)が出題されます。4つの説明が順々に読まれますので、その中から正解を選べばOKです。

 まず、Part1を解くコツは「答え」だと思ったらマークシートを塗りつぶすこと。問題は2度と繰り返されません
後であれだったかな・・・なんて悩まないように怪しいと思ったら答えておくのがコツです。

 実際に問題文が読まれているときは、主語と動詞に注目すれば、正解がかなり絞り込めます。
英語の多くの文章は 「主語 + 動詞 + 補語・目的語」で構成されています。
つまり誰が何をしたかは文章の最初に話されます。この最初を聞き洩らさないことで正解率は大きく上がります。

 他に多いのは "There is/are" から始まる文章。この文章が出たらラッキー。話されたものがあるか・ないかを確かめればよいのです。

 またPart1の写真は見づらいことが多いです。ただ、話されるのは事実のみです。私は模試も含めて100回はTOEICのテストを受けていますが、今までに答えが写真の中になかったことはありません。実際にテスト中になるとついつい「答えがないのでは?」なんて頭によぎっちゃいます。でも信じましょう。
必ず答えは写真の中にあります

 例題を見てみましょう。

例題:


A.The many birds are flying between the building.
B.There are many tall buildings.
C.The ship is under the water.
D.The traffic is crowded.

答えはBの 「高いビルがたくさんあります」です。


私の思うPart1のポイントを以下にまとめました。

1.答えの2が出た時点でマークシートに印をつける
2.There are の後に集中。あるか・ないかを見分ければOK
3.写真が見づらくても気にしない。必ず答えは見つかります。


 新TOEICテストのPart1を含め全パートの攻略情報と200問の模試が学習できる人気の参考書を紹介します。
高得点のコツを紹介してくれる定番参考書です。


 

TOEICスコアアップ専門本屋ホームへ戻る


Copyright (C) 2009 TOEICスコアアップ専門本屋. All Rights Reserved.