無料レポート

TOEICスコアアップ専門本屋

姉妹サイト
英語漬け.comバナー
トップページ | サイト紹介 | amazonについて | リンク募集

以下興味のあるカテゴリからお選び下さい
サイトトップ人気参考書TOP10目的別で選ぶ参考書点数別で選ぶ参考書TOEIC参考書のランキング100冊
TOEIC学習ソフトTOEIC頻出文法TOEIC頻出単語TOEIC頻出熟語TOEICに役立つコラム

サイトナビ ホーム > コラム > 5文型の真意を考える 広告、リンク

5文型の真意を考える

 英語の5文型について紹介したいと思います。高校英語の教科書は5文型から解説が始まります。英文を「主語・動詞・目的語」と分類する5文型は今まで中学校で学習した英語からぐっと「高校英語」っぽくなったと感じる瞬間かもしれません。ここで大事なことはなぜ高校の一番初めに5文型を学習するのかということ。実は5文型は英語の文法を理解するのに非常に優れています。なぜならほぼすべての英文が5文型で表せるからです。だから高校の初めに学習すれば、これから学習する英語を理解しやすくなるからです。

 私の考えとしては、それも一理ありますが、それではなぜ5文型の勉強から始めるのかの理解は十分でないと思います。私は5文型を勉強するメリットは、英語文法の位置関係を体に覚えさせることだと思います。
日本語の文法体系と英語の5文型はあまりにも違うため、この違いを知らないと後々に不必要な英訳をする必要があります。

 特に英語と日本語では動詞の位置が大きく違います。英語は主語のすぐ後に動詞が来ますが、日本語は文章の最後に動詞が来ます。これらの文型の違いを覚えることが5文型を学習する最大のメリットだと思います。

 あくまで最終目標は英語を日本語に訳さず理解することであるべき。そうでないとTOEICの出題スピードにはついていけないはずです。少なくとも5文型が体に染み付いていないと無駄な英訳を行うことになり、英語の理解スピードが遅れます。5文型は英語学習の手法ではなくて、もっとレベルの高いもの。『英語を使える入口』と言っても過言ではないと思います

 下記に紹介するのは英語の5文型とそれぞれの品詞です。意味を理解するのは簡単。
後は繰り返し練習して覚えましょう。

5文型
第1文型 SV.
第2文型 SVC.
第3文型 SVO.
第4文型 SVOO.
第5文型 SVOC.

S=主語=名詞(主役)
V=動詞(結論)
C=補語≒形容詞(脇役)
O=目的語(脇役)

5文型のポイント

●英語の5文型では主語のすぐ後に動詞が来ます。動詞=文の結論ですので結論が文章の先に来る!と意識するのが最初の一歩。大事なのは日本語と英語の違いをつかむことです。

 TOEICとは少し離れますが、5文型を学習できるオススメの参考書を紹介します。




TOEICスコアアップ専門本屋ホームへ戻る


Copyright (C) 2009 TOEICスコアアップ専門本屋. All Rights Reserved.