無料レポート

TOEICスコアアップ専門本屋

姉妹サイト
英語漬け.comバナー
トップページ | サイト紹介 | amazonについて | リンク募集

以下興味のあるカテゴリからお選び下さい
サイトトップ人気参考書TOP10目的別で選ぶ参考書点数別で選ぶ参考書TOEIC参考書のランキング100冊
TOEIC学習ソフトTOEIC頻出文法TOEIC頻出単語TOEIC頻出熟語TOEICに役立つコラム

サイトナビ ホーム > コラム > 時制をつかんで+10点 広告、リンク

時制をつかんで+10点

 時制を理解することは非常に重要。TOEICにおいては、時制の問題が多く出題されます。
そして時制の範囲は現在形の三人称単数の『s』を問うものから未来完了まで多岐に渡ります。

 まずはそれぞれの時制が表す『時間範囲』を知ること。これが意外とやっかいなのです。
特に過去形と現在完了の違いがあやふやな人は要注意。
現在形は現在のことを表す。
現在完了は過去から始まって現在まで続いていること。
過去形は過去の一時点のことを表します。
図に表すと下記のようになります。

※時制の図


時制
現在形 is/am/are
過去形 was/were
未来形 will/be going to
現在完了 have/has been
過去完了 had been
未来完了 will have been

 TOEIC時制でよく出題されるのはは、三人称単数のs完了形の並び順です。
今更三人称単数のsですが、これがやっかいです。下記2つの項目が頻出です。

@I have a dog which runs so fast. = 関係代名詞にかかる三単現のs

AThe employee newly hired by chairmans sees the President for the first time.
  =直前の名詞に惑わされず離れた位置にある主語(名詞)を見抜くこと

 また、完了形は並び方を覚えることが大事です。副詞、動詞の位置を把握すること。
例文:I have always been a best student in the class.
※副詞(always)や動詞の位置を問われる。

TOEICテストで似たような問題が出題されると意外と迷うのです。きっちり押えておきましょうね。

※『TOEIC 時制』で検索したアマゾンベストセラー


TOEICスコアアップ専門本屋ホームへ戻る


Copyright (C) 2009 TOEICスコアアップ専門本屋. All Rights Reserved.